料理人日記

西麻布にある隠れ家的日本料理「ラ・ボンバンス」の料理長・岡元が送る日々徒然。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日は「菖蒲湯」

20070506022327

我が家は、本日「菖蒲湯」です!
昔は菖蒲は薬草だったそうです
・菖蒲は昔から薬草としてよく使われてきました。 煎じて飲むと腹痛にきく、虫下しになったり 打ち身の治療にも使われてきました。根は漢方薬として使用され、胃薬、解熱、ひきつけ、創傷などの薬にもなります。五月五日に菖蒲湯をたててはいるのも、無病息災を念じたものだからです。葉を数枚入れると独特の香りがして、体が暖まるといいます。お湯につかったやわらかい葉を頭にまくと、頭が良くなる、腹のまわりにまくと病気をしないなど・・・・・・・・・。さっそく頭にまかなくては 武家社会のときに、菖蒲がもてはやされたのも尚武(武を尚ぶ)に通じたからともいわれています。葉の形が剣に似ているので、子供達が束ねて刀の代用として遊びの道具にも使用しました。 この日を騎射節、馬射節と呼び、武技を奨めたという史実も残っているそうです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。